誰に向かっていうわけでもなく。

図書委員のただのひとりごと。